ファッションについて
--- 人の印象の中で半分を占めるもの ---
[2006/12]
 
相互Linkのお願いをいただいたページが音楽とファッションがテーマ。音楽はGLAYリスペクト。ということで、今までに無い感覚ですが、コテコテBlack(誉め言葉です)以外の人からもLinkのお願いをされるというのは光栄だと思いました。それにちなんで今回はファッションについて書いてみたいと思います。


ファッションについて以前にまとまって書いたのはこれだけだと思う。
19の頃かな、季節ごとにセールに行って服を買うのがイヤになってきて、改めてちゃんと考えようと思った。頭部が占める体積は全身の1/15ぐらいだけ ど、希求力において全身のファッションと顔の作りの割合は1:1ぐらいの気がした。髪と顔は半々の体積だけど、希求力では顔7:髪3ぐらいかな。で、顔の中では、目部分(眉毛、瞼、目、瞳)と口と鼻と耳なら、4:2:3:1位の割合になる気がした。そしたら上着を買うっていうのは全体の希求力の1/4を占めるわけで、顔の作りが占める割合は1/2の7/10になる。
(絵で描くとこちら)
[2012/01 改めて考えると耳に1は必要ないね。目部分:口:鼻:耳=5:2:3でいいんじゃないかな]


顔の作りは結構いいのだが、ファッションセンスが酷すぎてずっと彼女がいない人っている。友達にもそこそこいる。よくよく話を聞くと少なくとも両親の片方は美人・美男子らしい。顔の作りは遺伝も大きいかもね。けど、彼らはファッションを気にせず、そういう友達にもめぐり合わず、今になってもユニクロ以下の服装を着てる。

ファッションセンスを明確に測る基準は良く分らないが、とりあえずカレーの辛さをCoCo壱番屋で測るように、全国的に通じる基準はユニクロになると思うんだよね。個人的には、どんなに「いくら顔がよくてもダサい男の隣で歩きたくない」と思っている女性でも、ユニクロで売ってる服の一番センスのある服を着ていれば、セーフになると思う。それ以上のことを求める女性もいるだろうけど、ここでは一番の基本から考えるコーナーなので。

自分自身は高校生になるまでファッションに対する感度零だった。けど高校から兄貴の影響で服を買うようになった。同じ高校に通っていたんだけど、学ランの高校だったけど、「弟があまりにダサい格好だと俺も恥ずかしい」とかいう理由で。だから無理やりメンノン半額出す事になってて、セールごとにパルコに行っては服を買ってた。最初は兄貴に連れられていったけど、そのうち1人で行くようになって。親はファッションに全く拘らないんだけど、兄貴の親友の家がブティックをやってて、その影響で兄貴は目覚めたみたい。だから、何の刺激も無いのに目覚める人は少なくて、やっぱり何処かで連鎖していくんだろうねぇ。

そんな点で言えば、もし兄貴がいなかったら、自分はずっとファッションを気にしなかったと思うから。そういう意味で、さすがにユニクロ以下の格好をしている人には、おせっかいをしたくなる時はある。本人は正の連鎖だと思っているんだけど、相手はうざいだけかもしれないが (汗

----

今までで一番印象的だったのは会社の後輩だね。ちょうどこの水冷PCを買ったときに色々とアドバイスをもらったので、お礼にファッションのアドバイスをすることになった。今までファッションのファの字も興味なかったけど、社会人2年目でお金にも余裕が出てきて、ちょうど誰かに聞いてみたかった時期だったみたい。いわゆるWin-Winというやつですな。

一番最初にびっくりしたのが、彼の寮の部屋に行ったら、下着が干してあったんだけど、それが真っ白のブリーフ。真っ白のブリーフなんていまどき中学生もはいてないぞ・・・あれはさすがに俺でも突っ込めなかったw ということで、荷が重い気もしたんだけど、彼のやる気にかけることにした。でもんで、まずは俺の部屋に行って、もってる夏の服を見せて、どういう組み合わせで使っているかを喋った。そしてユニクロ。店の中で一番まともな服を買って、着替えて、次は靴。スニーカーを2足買って、計3万円ぐらいだったかな。

で、一ヵ月後ぐらいのセールの時期に大井町の丸井で待ち合わせして(もともと彼が持ってる服では間違っても丸井には行けなかったので、まずユニクロでステップアップ)、この時も3万円ぐらいかな。「とりあえずこれで夏を越すまで大丈夫だよ。秋になって寒くなったら、そこそこ必要になると思うけど、その時期は俺はこっちでの研修は終わってるから。冬のセールとかは自分で頑張ってね」と言って終わった。計6万ぐらいだったけど、俺の方はPCで15万ほどだったからね。彼はHDを10本以上持っているようなタイプだったから、たまにはそんなお金の使い方も良いでしょう。

本当は仲のいい友達でもこれぐらいしたい奴が2人ほどいるんだけど、向こうがその気が無いからなぁ。。
それもあってここに書いておこうと思ったわけですね(笑

---

ファッションに関して自分自身は大学2,3年の頃に嫌気がさしてきたんだよね。やっぱり隣を歩く女性より男がオシャレなのは良くない。そういうのは女性に譲るべきなんだと。それ以来、上か下のどちらかがユニクロでも気にならなくなった。兄貴の方は月10万以上のバイト代を全部というほど服に費やしていて、実家に帰るたびに「これ、もう、ブーム去ったから」と言って俺にくれたんだよね。だから買わなくても困らなかったのもある。

結局、そんな兄貴も渋谷に来た時に、あまりに普通の格好した人が多いのにショックを受けて、それ以来、あまり服に使わなくなった。まあこういうのが世のリアルな姿だと思うんだがw だから今で車で40分ほどの御殿場アウトレットに行って、TAKEO KIKUTHIとかのシャツをたまに買ったりするくらいの生活なんだけどね。

大学時代に正サイドの友達とつるんでいたのも、セール毎に服を買いにいく文化に属してたからのもある。そういう意味では、服に使ったお金もそんなに無駄だったとも思わない。だからファッションを気にする男を測る基準は、季節ごとのセールに繰り出すかどうか?になると思う。もちろんもっと気にする人は、そもそもセールで買わないかもしれないけど、そこまでいくと本論の対象外。セールに行く人でも、本当に気合が入っていると、セール前日に品定めをしている。友達連中でもいた。さすがに俺は前日の品定めまでは付き合わなかったけど。

そんななんなの立場でどれだけ書けるか分らないけど、
「足を引っ張らない程度にファッションを整えたい」
と思っている人にを想定読者として、とりあえず現時点で感じている事を書きます。

■ そもそもファッションにある程度お金を使う価値があるか
とりあえず、高校生/大学生の時期を対象とします。女の子同士の会話において、誰かの彼氏をコメントしてるとします。さすがに「○○の彼ってぶさいく」というのはあまり言わない。ちょっと位に顔の作りが悪くても、いい人オーラが出ていて、実際にいい人ならば羨ましがられます。けど、「ださい」ってのは何度も発言される言葉だし、少しくらい顔がカッコよくても「ださい」とスタートラインに立てない事が多いです。

もちろんそんなのを全く気にしない、強い女性もいます。かなり少ないですが。本当に男女の間がしっくりこれば、ファッションなんて全く関係ないです。けど、そんなのは3年間+4年間で一回でもあれば幸せな人生でしょう。だから、通常は「1人じゃ寂しい+友達に羨ましがられるならなおいい」という基準なんだよね。ここまではっきり書くのは気が引けるけど、完全に否定できる人はいないでしょう。だから、髪型+ファッションは凄く大事です。基本です。全無視しても上手く行く男は1%位だと思う。服自体は人の印象の半分を占め、髪型は残りの半分の3/10を占める。それが現実だと思ってます。


■ ファッション雑誌について
昔はしぶしぶ半額出してただけで、全く納得してなかった。そもそも雑誌にのっているような高い服なんてセールでも買わない訳だから。けど、それを1年以上やって分ってきたのは、「一般的に正しいと言われる組み合わせを知ること」なんだよね。どんな分野でもやっぱり良い例を入力するのが大事であって、それがファッションでは「着こなし」なんだよね。全く同じ服を買う訳じゃなくても、良いと言われる着こなし例をある程度知っておくことは大事だと思う。それが無いと、せっかくのそこそこの服を買っても、組み合わせが全く悪くて余計にバカにされるから


■ 値段とファッションの関係
昔はファッションセンスなんて関係なくて、そこに金を費やすかどうかの問題だと思ってた。けど、やっぱり5万円渡して、「これで好きな服を買って来い」と勝負させたら、センスは明白なんだよね。だから、お金はある程度必要だけど、それだけじゃ決まらないです。ただ、値段が高い服は基本的に素材が違う。そしてドライクリーニングしか出来ない場合が多いw 持ってる服の中でも角度で微妙に色が変わるやつとかある。けど、値段を出す事でもっとも変わるのはラインだと思う。

ある程度のセンスのいい服は服の形が違う。シャツ一つとっても、ある程度のブランドになると、腰周りを絞っているんだよね。その点、普通の服は対象層を広げるために、腰や肩をゆったり目に作ってるから。そういう服を着ると、やっぱりもっさいんだよね。そういう意味では、ユニクロは服のセンスを良くしてGAPと並ぶ会社になりたいみたいだけど、その為にはもうちょっと服のラインは気にした方がいいと思う。

[2012/1追加]
もちろん大前提として「デブは問題外」もある。BMIが標準値(個人的には25のラインかな)を超えている人はまずダイエットから取り組んだ方がいいと思う。そもそも「伊達の薄着」という言葉があるように、基本的には体のラインを潰さないぐらいの服を着るのが大事だから。だから本当にファッションと向き合うなら、こちらの腕立て20回ぐらいはやった方がいいかもね。頑張る気があるならこちらの腹筋も20回やるとなお良い。もちろんやってます。15回だけど(笑 ファッションのためでなくダイエットのためですが、まずは標準の体型になるのが大事なので。



■ 自分に似合った襟をみつける
本人はしたいファッションなのに、どうしても似合わない事ってある。そういう時に大きなポイントが襟だと思う。今までの経験上、顔の彫りの深さと、肩の形で、似合う襟が決まると思う。それに気づいたのはセールに通うようになって3年目ぐらいかな。そういうことをメンノンは書いてなかった気がするけど、俺自身は事実だと思う。
考えてみれば当たり前なんだよね。襟の下には肩があり、襟の上には顎がある訳だから。特に、若い時ほど胸元が開いた襟の大きい服を着たがるもんだけど、似合わない人は素直に諦めましょうw ああいうのは、掘りが深くて肩がしっかりしている人が一番似合うもんだから。

手足の長さも、似合う/似合わないをかなり規定します。身長よりも5cm以上両手までの距離がある人は、長袖Tシャツ上に半袖Tシャツがくる重ね着は出来ないと思う。余計に手が長く見えるから。


■ そこそこお金をかける覚悟をする
いくらセールで買うといっても、そこそこはします。個人的には、冬のコートに3万。冬のズボンに1万。秋の上着に1万。夏の上着に5千円。そんな感じかな。ホントはもうちょっとCD代に回したいとずっと思ってたけど、まあこれくらいはしょうがないかと、思ってる。ただ、ズボンの方が差が分りにくいと思う。なので、@長袖襟付きシャツとAコートとB秋に上に羽織るものの順で買えばいいと思う。夏はジーンズに、MAX5000円のTシャツでいいでしょう。


■ ジーンズについて
マイナーな意見ですが、オレッチはジーンズが苦手です。夏に暑く、冬に寒いと思うから。だから、夏は白系の薄手のパンツ、冬はコーデュロイをはいてます。多分、両親が毎日ジーンズを洗濯するようなタイプで、ジーンズが変に色落ちしてて、ジーンズに良い印象がなかったのもあると思う。けど、履き潰したジーンズを持ってるのは大事。そこら辺は、今となってはちょっと後悔してるなぁ。最近は最初から色落ちさせた(ストーンウオッシュ)ジーンズも売っているから、買うならこちらだね。ファッションって一年中、ズボンはジーンズでなんとかなるから。冬は中にヒートテックのタイツが必要かもしれないけど。そんな意味では、一番最初に買う服はストーンウオッシュのジーンズかな。


■ 服に着られない
特に高くてデザイン的にもナイスな服に多いのだけど、そういう服をちゃんと「余所行き用」としてとっておいて、たまのコンパとかに衣装ケースから取り出して着るとする。そういう場合ってどうしても服が体に馴染んでないというか、服を着てるんじゃなくて、服に着られてる雰囲気になっちゃうんだよね。それを「初々しい」と好意的にとってくれる異性もいるかもしれないけど、基本的にはダサいと思う。だから、そういう服ほど普段の家でも着るのをお勧め。もちろん着てれば汚れるし、醤油がついてしまうこともあるかもしれないw けど、そうやって体に馴染ませた方が自然な雰囲気が出るから。ファッションは何よりも自然体で着こなすのが大事なんだよね。

こういう結論になったのも、大学4年目くらいかな。大学2年の時に買った服がどうしても着られてる感があって、飲み会の後とかに悩んでいたんだよね。けど、その服も2年くらいして普通に着こなせるようになった。だから、それ以来、馴染むまでは積極的に家で着るようになった。


■ 失敗例
どんな分野であろうと、やっぱり失敗を重ねて少しずつマシになると思う。オレッチも服では結構失敗しました。一番大きいのは5万円近い冬のコートだね。あれはマジ失敗だったなぁ。何が失敗って、デザインかな。あと多いのは、店で飾ってある印象と、家に帰って着てみたときの印象の違いかな。特にネル地の服に多い。なんか買って着るとおっさん臭いことが多かったなぁ。

[2012/01]
あと冬の定番ダウンジャケットも。深く考えずにユニクロのリバーシブルのダウンジャケットを8年ぐらい前に買ったのだけど、モコモコすぎたんだよね。ダウンジャケットがモコモコなのは当然だけど、あれは個人的には基準オーバだった。最近はヒートテックに代表されるようにインナーのレベルが上がっているから、アウターはファッション優先の方がトータルとしてのバランスはいいと思う

今は社会人になって、私服も休日だけだし、その休日も車で移動してるから、あんまり関係ないんだよね。そもそも人口20万の街でそんなに気合を入れてもしょうがない。東京にいた頃の、東横線とかに乗ってるのとは訳が違う。結局、シーズン一回も着る機会がない服もあるんだよね。

だから「私服姿をみてどん引き」とさえ言われない格好なら、それ以上は社会人になってまでお金を使わなくていいと思う。そこら辺がユニクロの服の中の最上位だと思う。まあ無印ぐらいという意見はあると思うけど。個人的には無印で買うならセールで買うかな。けど最近は服どうこうよりも、体重キープの方がよっぽど大問題なんで、あんまり気にしてないですが(笑
[2012/01]

最近、このページにリンクしてくれてる人がいるのを知ったので、お礼の意味を込めてもうちょっと追加します。

「KEIKOさんもシマラー」とニュースでやっていたように、現在の日本は、人口数万の地方にでもあるシマムラと、ユニクロとイオンのショッピングモールの中のTK(TAKEO KIKUCHI)がある。だからこの3つで服を揃えればOKだと思います。

シマムラは一点ものが多いので、コマメ(月1ぐらい)で探すとたまに凄く掘り出し物が見つかるから。とりあえず今までファッション全無視で周囲にアドバイスしてくれる人も見当たらない場合、シマムラで飾ってある服一式を買えばそれでセーフラインになると思います。ただ、シマムラのジーンズは刺繍が多いので、個人的にはちょっとパス。シマムラの中でも派手目の服を選ぶと、まるで日本在住の外国人のファッションor田舎のやんキー崩れのファッションになってしまうので、大人しい性格の人には似合わない。シマムラの中でも落ち着いた服がいいのだけど、あまりに落ち着きすぎるとオヤジ臭くなるので、そこら辺は注意が必要だと思う。大まかに言うと、シマムラ5、ユニクロ2、TK3ぐらいの割合で服を買うとちょうどいいかと思います。ユニクロとTKの割合は逆転でもいいかもね。

渋谷のHMV跡にできたForever21に行ってきました。男物はほとんど無いね。あれだけ女性メインにするとある意味潔いかも。品揃えとしてはH&Mより上だと思った。今まで4回ぐらいH&Mに行っているけど、欲しいと思う服が一つも無いのだが。。ZARAはそのうち行くつもり。
[2013/03]

最近、会社の上司が女性で、一緒に出張中にファッションの話題になった。

「そうなんですよねぇ。この歳になると、自分が気に入った服と全く同じものを買いたいと思うんですよ。けど、もちろんもう売ってない。買う時に2セット買えばいいのだけど、買う時はどこまで気に入るか分からない。半年か1年して、すごく気に入ってる事に気づくけど、その時はもう遅いんですよ」

と喋ったらかなり同意してもらえた。そういう意味では、ファッションについて女性とある程度話せる能力は合コンだけでなくビジネスマンとしても必須かもね。

上記のファッションのアピール度の数値化は今回もかなり興味深く聞いてもらえた。やっぱり、オンリーワンなコンテンツは大事だね。芸は身を助けると言うとおり。

Home