Sweet & Swear 


[2003/05/01]
Loversもぶっ飛んでいれば、Bodyもぶっ飛んでる。相変わらずまともなコレクト集がないのはご存知の通り。ずっとあの二つで十分だと思ってたのですが、さすがに最近反省しまして・・・・特にHPタイトルのSweet&Swearを反映するコーナーが無いのは片手落ちと気づいたので、Lovers2 - Sweet&Swearです。ベットタイムで流せる曲を中心に選んでみました。



Build Your House Ren "Ren"
インディーものらしいが、HMVなどでは見かけることもあるRENのデビュー作です。多分これが最後だろう・・・と思っちゃうが、B級メロウ系としては結構お勧めなアルバム。この蛇柄のジャケットは、買う時に妙に悔しい気分にさせられた。たまにこんなアホ度数高いジャケットに押し切られるのもR&Bの特徴かなw 特に本曲はメロディーが効いていて、滑り込むような夜のとば口を思わせるのが最高!! この曲なら、相手のBody・Hart・Mind に滑り込めること間違い無し!! なんといってもほのかにSwearなのが、このアルバムの中でも最高曲とする理由です。後半部分で熱唱してるのも、すごくいいよね


Etcetera R Kelly "R."
エロい曲の多さでは筆頭とも思えるR Kelly。その中でも「イイコトしようよ」と素直に呼びかけてる本曲が最高じゃないかな。発売時からそう思ってきたし、今でもそう思う。「Hなこと」じゃなくて、「イイコト」と説得するのが正しい男というモノでしょうw 後悔フェーズがゼロなのに、素直なR Kellyが出てるのもPUSHする理由です。もうちょっとアクティブになって、もうちょっとピュア・Hになって、「ベットをドキドキさせようよ」ってな曲を作ってくれることを、私は切実に望んでますw


Oh Baby 4.0 "4.0"
"Money Train"
名曲が多いのでどれを選ぶが凄く迷ったけど、"Money Train"サントラにも収録されたOh Babyをチョイス。やっぱり2曲続いた後は、清涼感に持ってかないとネ。そんな意味でも4.0は文句無しです。この曲を聴いてずっと気になってた。だからアルバムを買って聴いたときはホント嬉しかったな。そろそろ手に入らなくなってるアルバムなので、見つけた時は速攻買うのをお勧めです。 この曲は強い押し気が無いから、ここで女性も一息つけると思う。そんな配慮も必要でしょう


Pillow Tony Toni Tone "sons of soul"  
この方向性で本曲を選ばなかったら暴動起きますw それ位に名曲なのがこのPillow。男の腕枕をここまで見事に曲にしたのは、さすが90's傑作アルバムだけのことはある。relax relaxと訴えかけるバックコーラスも最高!! 本作には色々書いていますが、この曲はホントにナイスだとあの頃から思ってた。今でも色んな所で頻繁に流れているのを耳にするから、やっぱり皆に愛されている曲なんだなぁ。

(ホントは彼らの次の作品から、Tossin'&Turnin'もセレクトしたいが、1アーティスト1曲ということですみません。本曲よりもエロ度数高いが、Tossin&TurninはR&Bライフに必須ですw)


Any time Any place Janet "Janet."
やっと女性陣の紹介。相変わらずバランス悪いです・・・ けど、やっぱり本曲も外せません。
Body集では"the body..."を選んだりと、ホント名曲の多いアルバムです。本曲は何と言っても、Janetが切り開いたSweet&Swearな奥底を思わせるのが最高!! ビデオクリップもものすごくいい出来なんだよねぇ、、、特に最後の横顔が最高。あそこからも分かるように、あくまでSweetな曲でありながら、切ないSwearがこもってる。それが本当の深みを生み出しているや


 Lady Lay Your Body Carl Thomas "Emotional"
独り身の男が聴くアルバムから、唯一とも思える本フェーズの曲をセレクト。タイトル通りなのだが、あくまで寂しく切ないSwearがこもっているのが最高!! ここで男から1歩引くのが正しいステップというものでしょう。そしたら女性の心がぐぐっと出てくるぞ(ほんとかい
そんな意味でもこの位置にもって来ました。Sweet&Swearは、いちゃつく時にふっと寂しさ見せる男女の見方です。そうやってどんどん二人で深みにハマっていってくださいw


Holding On Intrigue "Acoustic Soul"
96年発売のマイナー男性グループ。あの頃から「この処女作で退場だろう」と思っていたけど、何故かこの曲だけはどうしようもなく惹かれた。Sweet&Swearながら、Swear感が独特だと思える。限りなくエロくなく、切なさも無い。上手く言えない。あの頃から上手く言えなくて、今もちゃんと説明できない。相手との距離感が、近すぎることも無くて遠すぎる事もない、その絶妙さなのかな・・・

けどHMVでは未だに本作が売ってたりする。よっぽど気に入ったバイヤーがいるんだろう。このアルバムをそんなに入荷しても商売あがったりだと思うのだが、どうしても親近感を感じるや


ready,willing&able Jaheim "Ghetto Love"
やっぱりこの曲も選ばなかったら暴動おきるんじゃないかな。名曲の多いアルバムだけど、本フェーズには間違い無くこの曲です。彼の輝きをもってすれば、どんなエロい曲もSweet&Swearが入る。Swearさをピュアな若さでなく、彼独特の優しさから達成してるのに、一番感銘を受けてます。

未だこのフェーズの名曲を持たないTyreseにも頑張って欲しいと思ってます。


Softest place on earth Xscape "Traces Of My Lipstick"
このタイトルで完全ノックアウト。それを見事な名曲にしたのも文句無し。Joeが女性アーティストに提供した曲の中ではMAXなのは間違いない。それだけでなく、男の真の溶かし方を示しているのが最高です。「イイ女になりたい人」は絶対に必聴と断言できる。詞がまたいいんだよねぇ・・・
It's a glowing inner feeling Like a summer sun that slowly rises On a new horizon of love
And it's more exciting than Jamaica Or the rain that falls in Costa Rica Like a waterfall to the sea So, tell me baby

この始まり方で決まりでしょう。さすがEarthというだけの歌詞の広がりもたまらない。こういうミクロからマクロへの俯瞰の視線をSweet&Swearフェーズで出されると、どんな男でもイチコロです。
Baby won't you come inside I'll take you on a fantasy ride Take a journey through my universe My love's the softest place on earth
このサビ、絶句です。journey thorugh my universeだもんなぁ・・・って実はずっとjoint in my universeだと思って一人ほっぺ赤くしてました(爆 どっちにしてもjourneyもjointも最高です!!(オイオイ


Whenever Wherever Whatever Maxwell "Urban Hang Suite"
この曲も必須じゃないかな。夜に映えるアルバムから、どれを選曲するかすごく悩んだけど、やっぱり一番深くてMellowな本曲を選びました。全編ファルセットで通した透明度と切なさが最高。Maxwell自身の輝きが一番つまっていると思う。誰もがハマる名曲です。


When Your Body Get Weak Babyface "The Day"
歌手としてもプロデューサーとしても一時代を築き上げたBabyface。その傑作はThe Dayなのはコンセンサスでしょう。その中でも本曲が一番じゃないかな。激ドンピシャなエロい曲なのだが、swearさが十分に詰まってる。それは子供の存在を求めてるからだと、ストレートに思う。そんな意味でSweet&Swearとして文句無しです。このタイトル、Sftest Place On Earthと同じ位大切です。RenのBuild Your Hauseというのもナイスなんだが、こっちの方が上でしょう


Lose Control Silk "Lose Control"
やっぱり最後を飾るのは本曲だと思うんだよネ。この処女作をもって、Jodeci,BoyzIIMenと並ぶ90年代三大男性ボーカルグループになった彼ら。その中でもアルバムタイトル曲の本曲はホントにいい。あの頃から、Lose Controlと切り取る所にやられたんだね・・・だからR&Bオンリーになっちゃたんだね。やっぱりそれが答えだと思うから。お互いがLose Controlを重ね合うのが答えだと思うから。そんな意味でも、邦楽に比べてエロイ曲が多いR&Bですが、Sweet&Swearを体感したければ、R&Bを聴きこむしかありません。それは全ジャンルに向けて断言できるな


Closure Gerald Levert "The G Spot"
悩んだけど、やっぱりここに収録します。Lose Controlは綺麗過ぎるからなぁ。ちょっと居場所が足らない気がする。
その点でも、本曲は最高。最後はClosureで朝まで寄り添って・・・という雰囲気なのがタマラナイ。これこそ真の締め方だと思う。ここに帰結しない話を追いかけるのは、さすがに卒業する歳になってきたのもあるのかも。とにかく滅茶苦茶に諭されます。寛ぎと祈りの混ざり具合なのかな。Gerald Levertの最高傑作にして、最高曲だと思う。Sweet&Swearの帰結はClosure。やっぱりそれが答えなのだろう




ということで、本性まるだしのセレクト集になってしまいましたが、そんなもんですw
今はPlay&Prayフェーズの曲を探しているのですが、アルバム全体ならともかく、1曲に納められてるのはかなり難しいんだよなぁ・・・K-ciは自分自身を棚に上げて怒ってるし、R KellyのPrayは後悔ばっかりだし、どいつもこいつもイマイチ (オイオイ

個人的には、遊び歩いて帰ってきた深夜に相手がいなかった・・・ふっと「お前は遊んでないハズ」とお祈りしちゃう男の性を切り取った曲を探してます (爆
もしご存知の方はご連絡ください

Home