Mariah Carey
"Charmbracelet"
Second Rebirth
[2002/12/1]

「DefJam -Islandに移って、本人のレーベルを作っての新作発表」と聴いたときには、オイオイと思ってた。「Glitterで激しくコケたのにマライアを拾うなんてなぁ。今更、戻って来れないだろうし、エロ路線も素っ裸位しかないし、どうしようもないじゃん・・」って。だから、まさか新作がこのレベルになるとは想像すらしてなかった。ホント、びっくり。反省してます。

このジャケットじゃ分かりにくいかもしれないけど、ポスターにもなってる左の写真には明確に出てると思う。これまでのマライアと根本的に違うよね。仔細に眺めると、えらが張っててたり、口は中途半端に開いているのだが、全体的な印象として、

《抜けきってる》
ホントにびっくり。あれだけの凝り固まってたエゴが無くなってる。え、え、え、って3分ぐらいこのポスターの前で固まってました。周囲には「最高傑作」とか書いてあって、そんなのは処女作を横に置いたコメントだからパスだが、ドラマ主題歌で心が動く訳もないが、やっぱりこのこの瞳はネクストレベルだよ。もともと、マジな表情ほど口が半開きになる人だとは、処女作のジャケットからも思ってた。

そんな意味でも、ここに戻ってきてくれたのかな・・・って感慨深かった。それにプロデューサーにはJam&Lewisの名前があったしね。試聴しても、主題歌でもある1曲目:Through the Rainはドラマチックな曲。他の誰かじゃない、Jam&Leiwsが作るとやっぱり名曲になる。盛り上げ方が上手い。抑えるべきところを抑えてる。マライアも曲に合わせて、抑えることで色気を出してるや。彼らが作った4曲目もイイ出来だと思う。綺麗なミドルに仕上がってる。いつになくマライアの声の表情も種類が多くて、輝いてるなぁ。

個人的に驚いたのは6:I Only Wanted。処女作につながる曲だと思う。暗くてDeepな面を掘り下げてる。こんな曲はもう作れないかと思ってた。本人のプロデュースらしいが、途中のギター?がイイ味だしてると思う。どんどん高い声で叫んでいく展開もナイス。処女作の飛び具合から見ると、リスナーがついて来れる地点をKeepしてる気はするし、本当はもうちょっと行けると思うが、それでも想像もしなかった曲です。嬉しいな。
全体的にクレジットは本人が多いのだが、曲としてもそこそこの出来がKeepできてると思う。欲をいうと、もうちょっと他のプロデューサを連れてきて欲しかったが(Tim&Bobとか)、いいアルバムに仕上がってる。

10:Lullabyは結構惹かれています。マライアが表現するとは思わなかったミドル。アルバムのジャケットは相変わらずの服装で写っているのだが、この曲での色気の出し方はナイス。次回作は服装も直るかもね。そう期待してしまうレベルです。確かにスタイルがいいのは認めるが、そこまでやらんでいいだろう・・・ってのは総意に決まってるんだから。11:Irresistableも後ろの掛け声が好きだったりする。こんな面をみると、ミドルの方がイイ曲が多いかもね。曲が「えんやーこらー」ってな調子な分だけ、抑えた色気が決まってるなぁ。12:Subtle Invitationもナイス。出だしの歌い方がいつにないマライアだなぁ。13:Bringin' On Heartbreakはロック的展開だから合わないです。

結論:傑作アルバムとは言えないが、今までのマライアを考えると傑作アルバムです
これが最高傑作というのは、マライアを馬鹿にしてると思うな。処女作のテンションが全て光に変わったら、こんなちっぽけなレベルにはならない。それは断言できる。自分が思うマライアの傑作からいうと30%ぐらいかな。ただ、今後はより期待できる。それは確かだと思う。だから、失望していたファンには買って欲しい作品。そんな意味で、1'sに続く二度目の復活じゃないかな。素直に祝福してるよ。裏ジャもイイ笑顔だと思う。

個人的には、イイ男性と出会ったのかな・・・ってフッと思った。それが一番すんなりくる。もしホントにそんな男性がいるなら、ちょっと知りたいと思ったりもする。けど、その男性への想いが伺える曲は、無い気もする。それは今回は無いってことなのかなぁ・・・それとも、出会いじゃなくて、Jam&Lewisがマライアの奥底から引っ張りだしたのかな。そうなら、やっぱりすごいプロデューサーだと思った。

もし、そんな男性がいるのなら、I Only Wantedが捧げた歌かもね。明るさは無いけれど、今までのマライアを考えれば、この方が想いの表現としてストレートじゃないかな。デビューから10年たって、結婚と離婚を経て、一つの形になってる。けど、まだまだ行けるよね、マライア。こっちはブックオフで1st2ndが並んでいるのを見るたびに凹んでます。だって、マライアの売れた作品を気に入って、前作に興味をもって買った人が中古屋に回してるってことじゃん。どれだけ有名になっても1stと2ndを聴いてもらってこその歌手人生だよね。本HPはそちらの応援は常にしてる。持ってない方はぜひとも聴いてください。
アルバム点数はこちら


HOME