Keith Sweat
彼は《可哀想》なのか も
[2001/04/28]


Keith Sweatは余り好きじゃなかった。1stは好きだったけど、彼が独自のスタイルを確立 していくに従って、肌に合わないモノを感じてた。特に、傑作といわれる[Keith Sweat]は。 まぁ全てのR&Bアーティストと合う訳じゃないのだから、別にとやかく思わなかったけど。 けど、Keithのファンという人達はKeithの作る曲に対してファンであっても、 Keith本人に対してファンなんだろうか?と思ってしまた。 どっかの雑誌で「彼の中でゲームは終ってない」って書いてあった。 違うと思うな、それは。


《終り》を見据えたからこその"Still in the Game"でしょ
 
Keithファンほどこのアルバムの取り扱いに困ってると思う。 それが、可哀想だと思う。このアルバムで、彼は、R Kelly並みに扉を開いてるよ。きっと、今までのKeithはCoolに判断して曲を作っていて、、、 そんな意味では、「求められるモノこそいいモノだ」っていうスタイルだったと思う。 けど、このアルバムでは自身を優先してる。独りの生な人間として歌ってる。 確かに一曲目は狙った作りだし、それ系も多少有るけど、アルバムの性格を決めているのはこれらではない。

このアルバムを聴いて、自分はKeithが好きになりました
みんなR Kellyのスタイルは認めてる。 けど、Keith Sweatの位置付けはそうじゃない。きっと、彼も分ってはいたんだろうが、、、。 結局、自分にとって今までの作品に浸れなかったのは、頭の上に回す手が見えるような気がしたから。 彼特有のニヤリとした顔して。あれ、自分はパスだな。 このアルバムが好きなのは、彼本人が回っているから。

ずっと、"I'm not ready"が好きだった。これが彼の扉の全開だし、アルバムの中でも白眉だと思っていたから。彼が自身の核を見せてると。 R Kellyの"When a woman's Fed Up"と同じく、この曲だけは絶対にシングルカット されないと思ってた。どう見ても、いままでのKeithじゃないと思ってた。その声の出てくる場所が特に。

だから、これがシングルカットされたのを知って、結構かなりにうれしかった。
だから、どうしてもビデオクリップ見たかった。
なのに、どれだけリクエスト出しても、MTVは流してくれないもん。 "Come and Get wtih me"はガンガン流すのにさ。 そりゃ、この曲がヒットしないことぐらいKeithが1番分ってるって。 それでもシングルカットしたのにね。 受けとめるべき心意気っていうのは当然として存在すると思うけどな。

「エロい」それは歌詞を見れば良く分る。けど、どうしても曲から受けない。2ndのR Kellyと一緒。こおいうのが1番混乱させる。昔から混乱してきた。そして、その結論として、自分は歌詞を選ばない。 もうずっと前にそう決めた。そしてこれは譲れないや。けど、自分が何を聴いているのか、何を持って見ているのか、 上手く言えない。上手く言えないから今までHPを書かなかった。今でももちろん言えてない。それは分ってる。 けど、いつかそこまでいけたらいいな


新しいアルバムも出たけれど、やっぱりこれが1番本人に近い位置にある。というよりも、 あれが売れなくて、そのまま一線から退場かと思ってた。けど、それは有りえなかった。それ位に大御所だしね。だけど自分にとっては、この切迫感が好きだったんだが。"Keithも最後にわがままか"と楽しかったのにね。 続きが有る事はKeithにとってどんな意味なのだろう?
次回作
[2005/07]

今さっき、あれだけ渇望してたKieth SweatのI'm Not ReadyのVCが公開されていることを教えてもらいました。めっちゃ感激です。仰る通りの大げさなシチュエーションですが、もう1歩いけるかな。
「北極?を歩くKeith→氷をハンマーで砕いて→氷の洞窟を見つけて歩いていく→奥には暖かい部屋とベットの上に女性」という内容ですが、Rapが入ってるのにもびっくりですが、数箇所ポイントが。
まず、こんな内容のくせにカラミのシーンはない。普通はこの展開なら絶対あるのがR&BのVCだからなぁ。ワンポイントです。加えて、In the Closetでも書いたけど、こういうフェーズでの男の行動は、実は自分にして欲しい事を表現してると捉える方がいいと思う。そんな点でいうと、真の Keithは氷山の奥か。井戸の底という村上春樹と同類かもね。だから凄く良かったです。まあ週末UP予定のR KellyのWhen Woman's Fed UPやIn the Closetよりもストレートじゃない。ラップ入れた時点で売りに走りすぎ。そんな意味では、もう1歩行って欲しかったが。
   
《からだ》が欲しくて、《こころ》が欲しくて、《おまえ》が欲しい
[2006/04]

最近、かなりズレてるなぁ。マイケルのOff The Wallとか書いてると、本人もオイオイって思う時がある。まあ、HP初期に 「お祈りするようにF***ingして、F***ingしたいとお祈りする」のが最高!!と思うのは俺だけか?? って書いてるから、しょうがないと言えばしょうがないのだけど。「F***ingしたいとお祈りする」ってのは「お祈り」がちょち重い言葉だけど、「夢想」ぐらいにすれば、否定できる男はいなくなるだろう(爆 だから、問題点は前者の方になる。
これを一言で言えば、

とことん《からだ》に委ねる不安感
になるのかな。女性でそういうタイプはそこそこいると思う。エロ系雑誌?で見かけることもある、「バックは気持ちいいけど、イヤ」みたいな女性の台詞。 書いてて凹むわぁ、こういう部分。そのうちPTAに魔女狩りされるんじゃないかと、思えてくるぞ。問題点は、たまーーに、そういうタイプの男性がいるってこと。Sisqoはそうだね。Keithもそうかな。あとは良く分らん。

Keithがそういうタイプなのは、この歌での声の表情を見れば良く分る。けど、何故第二ラウンド前なのかよく分らなかったし、待ってくれってのは逆さにしても「体力」の回復だと思ってた。だから、ずっと混乱してたし、歌詞をひねってると思ってたし、そんな事やるから伝わらないんだと思ってた。
けど、久しぶりにこの歌を正面から聴きこんで、

《こころ》と《からだ》のバランスを回復したがってる
と気づいた。本当の事を言うと、単純に、こころ・からだと表現していいのか分らないのだけど、今はそうとしか言えない。

Keithは、SEXという行為は結果としてどうしても片方に偏ると思ってる。
だから、そのバランスを回復するまで、2ラウンド目はしちゃダメだと思ってる。
それがI'm Not Readyなんだろう。


こう伝わってきた瞬間、「もしKeithが本当にこれを歌ってるとしたら、彼とSEXしたことある女性は幸せかもね」ってすんなり思ったんだけど、あんまり男にも女にも同意されないかな。

この歌に日本語タイトルをつけるならば、「準備ができるまで」とか直訳するよりも、上記の方が100倍マシだと思って、この一言にしてみました。けど、単純に、「こころ・からだ」という表現は中学生レベルだなぁ、と思ってる。けど、それ以上の言葉を持ってない。。

この歌にどうしても惹かれる男性は数%だろうし、本当はそちらに分類されるのはイヤなんだよね。昔の友達みたいに、「いやーーこのまえ、11ラウンドしたぞ。知ってる?最後はさ、液体が無くなって粉だけになるんだ」「(絶句・・・)」いかん昔の事だから忘れてる。9回だったかも。まあ絶句するほどだったのは確かですがw。そんなアホ一直線の方が良かった。けどなぁ、18の頃に二度入院して、こっち側になっちゃった。最近、普通になりつつあるけど、「11ラウンドもする体力なんてある訳ねーだろ(怒」 

うーーん、何に自分は怒っているのだろう?
素直に言えば、あの頃、そいうのが羨ましかったんだね(爆 あの若さじゃないと出来ないことってある。相手の女性もそういうタイプじゃないとできないことってある。「アホ同士やっててくれ」というしかないような、、、そういう道をとことん突き詰めるのに憧れてたのかもね。

歌詞もひねってないし、声も激ストレート。なのに、この歌のせいで、一気に第一線から転落したKeith Sweat。

だから、この歌の意味は殆ど誰にも伝わってないのかもね。分ってみれば、Keithの問題意識は当然だと思う。からだを使う事なんだから、その後にからだ寄りにバランスが崩れるのはどうしようもないのかも。じゃあ、こころだけでダイレクトにやりとり出来るかと言えば、それはそんなに単純じゃない。それをやろうとすればするほど、普通の男女の恋愛からズレると思ってるのも事実。

そんな意味では、「第二ラウンド待ってくれ」が一番正しい道なのかもね。こんなタイプじゃない男性も、聴きこめばそういうタイプの女性を説得する力は出てくると思うよ。「男でも稀にそういう人がいる。俺は違うけど、その彼の歌はかなり好きだし、聴き込んだよ」って言えれば信頼されると思うから。ただ、そこまでやろうと思ったら、こちらサイドの男が激アホなUPを聴き込むよりも大変だと思うから、大半は断念してセルフタイトルアルバムを聴くだろうなぁ、と思ってるw 女性陣は? うーん、無理してまで聴かなくていいんじゃない? ジョーカを引くよりも少ない確率なんだからさ。

ということで、結局、誰のために書いてるのか分らなくなりましたが、Keithがこれだけトコトン個人的に歌ってる作品だから。それまでのR&Bの第一線から大ゴケってのは、崖から海に飛び込むってよりも凄い内容だからね。この歌に対しての彼自身の拘り度合いも凄い。そんな意味では、これだけ拘ってるのはKeithと俺の二名かもね。音楽を聴き込むってのは、最終的にそこが終着地点の気もする今日この頃です。

ただ、この一言はもっとブラッシュアップできると思ってる。この歌の深さと価値が一言で伝わるような、そんな日本語曲名はこの先も探して行きたいと思ってる。

とりあえず、からだはいい。からだ使うんだもん。ウソついてもしょうがない。問題はこころという単語。広義すぎるんだよね。「こころが欲しい」 うーん、こころが欲しいのか? 愛情? 気持ち? 想い? なんか違うんだよなぁ。ここら辺は未だによく分らないです。。

Home