Shai


  80 Shai  "If I ever fall in love"
Sweet&Swearを教えてくれたアルバムです
(1992年)
<A rank>
・If I Ever Fall in Love [SA]
・Together Forever [SS]
・Lord I've Come [S]
・Comforter [SS]
・If I Ever Fall in Love Remix[S]
・Baby I'm Yours [M]
・Changes[M]
・Sexual[SS]

<B rank>

[2001/11]

あの頃のR&Bを知ってる人は、「1番Shaiが好きだった」の一言で、私がどんなタイプか分って頂けると思いマス。あれから、色々引き出し?も増えたが、根本的にはやっぱりShaiです。
90年代前半のコーラスグループ・ブームの中で、1番スピリチュアルな方向性を打ち出していたのがShai。このアルバムはRemix集も出たほどなので、その当時の成功と期待の大きさがうかがわれる。

Introに続くComforterから彼らのSlow世界が味わえます。瞬間的に見たビデオクリップでは湖に浮かぶ船だったような、、、ホント、ダイレクトに心象風景を切り取ってくれたのは嬉しかったです。今でも色々茶目っ気を抜いていくと、、、ここに辿り着く。

最後のお金で一発アカペラでとったというIf I Ever Fall in Loveは確かに一時代築いてた。Remixバージョンもレベルが高いしね。という事で、別々にUP。うーん、どうしても甘くなるぞ。けど、ホントに手触り変わってるんだよぉ、、、

Sexualとかタイトル通りなのだが、あくまでSweetなのがポイントです。コーラスワークもレベルが高いしね。ピアノとコーラスだけのTogter Foreverはホント名曲。何度繰り返して聴いたのか、数えれない程です。これが欲しかった。だからR&Bに戻れない地点までハマったんだと思う。
あくまで、SlowなIf I Ever fall in loveだが、コーラスワークにはある種の怖さを感じると思う。初めてラジオで耳にした時、そう感じたし、知り合いに貸しても、そう受け取ってたから。

後半のUPはイマイチ。それはこの頃のボーカルグループの共通項のような気もするや。けどシングルカットされたBaby I'm Yoursはキャッチーな曲です。Changesも振られた後の心情を歌っててナイス。歌詞も好きだしね。

はっきり言っちゃなんだけど、あの頃のR&Bでまともに歌詞が良かったのは、彼ら位だと思う。まともなLord:Godがあったのも彼らだけだしさ。このアカペラも凄くいいから。もし、このアルバムにこの曲が無かったら、、と思うと色々混乱してくる、、、色んなジャンルの中の一つとしてのR&Bであって、ここまでR&Bオンリーにはならなかった。それ位に、あの頃、Lord I've Comeを実感してた。


  30 Shai  "Right Back at Cha"
Mellowを教えてくれたアルバムです
(1993年)
<A rank>
・Yours [SS]
・Come Home to My Love[M]
・Changes[M]
[2001/11]

Remixを買う金なんて財布を逆さにして100回振っても出てこなかった高1だったけど、どうしても欲しかったら、見事中古屋GET!! それ位にYoursは聴きたかった。他の曲もRemixにふさわしい内容。全体的にHIPになってるのもポイント高い。

Remix集なので点数は低いですが、上のアルバムと混ぜたら最高です!!


  51 Shai  "black face"
誠実過ぎて(&面白みが無くて)付き合えない男性のようなアルバム
(1995年)
<A rank>
・the place where you belog [S]
・If I Gave [SS]
・I Don't Wanna Be Alone [S]

<B rank>
・Mr. Turn U OUT [M]
・come with me [S]
・during the storm [S]

[2003/11]

ファン心理として余計 低い点になると思って、ずっとUPしませんでしたが、さすがに伸ばせなくなった。発売時は深化したShai世界にハマってたけど、1年経ったら「ファン以外に誰が買うのだろう」と思った。その気持ちは今も続いてる。処女作と違って誰にも薦めれない。唯一は13:the place where you belogだけだが、これもチャートTOP10には遠かった。

1:come with meから深化しているのだが、処女作のような絶妙な寛ぎさがない。誠実なのは痛いほど分かるんだけどね・・・2:during the stomeも同じ手触り。ナイーブな16〜18歳にこれほど合うアルバムも無いのだが、3作目を作りたいならエロを一振り入れてくれ、、、と思ってしまう。誠実感に溢れる独特のまどろみは大好きなんだけど。

あの頃から3:I Don't Wanna Be Aloneは好きだった。まどろみの中にスパイスが入ってるからかな。4:Mr Turn U Outも問題作。こんな切り取り方をするのが彼ららしいネ。けど売れ線じゃ無い。せっかくのエロミドルなのに、ストレートに出さずに、ここまで捻るからなんだよ!!って机を叩きたくなってくる。

後半のmiddle群を、誰か一人だけ批評家がべた褒めしていたが、未だに自分には分からない。前半のvery slow群との乖離も大きすぎると思うなぁ。


いくら誠実だからって、ギャグを言って、相手が明るく笑ったり引いたり、それは凄く大事だよ。そんな面さえもない気がする。Kenny Lattimoreのように誠実さを極限まで突き詰めている訳でもない。キツク言えば、「誠実なんだから、大丈夫文だよね」っていう勝手さがあるとも思っちゃう。だから、このアルバムにハマる女性はいないんじゃないかな。それ位に足らないものがある。「貴方は好きな女性の前でバカやれますか?」 この質問にYESと言えない時点で、ダメなんだと、、、10年経って感じる。


  40 Shai  "Destiny"
(1998年)
<A rank>
・It's Hard When You Love Someone [S]
・If I Spend The Night [S]

・Zodiac [S]
・Sunshine [S]

<B rank>

[2001/11]

初めて買ったインディーのアルバム。2作目よりは断然いいのだが、やっぱり浮上は出来なかった。メンバーが一人減ったりもしたけど、結局、やってる事は変わらない。まさしく自縛状態。自分自身に課した制限が多すぎて、何処にも行けてない。どれだけ誠実でも「男と女の間に絶対はないけれど、」の前置き位は残しておくべき・・・なんだよね、、、今の所、これが暫定解です。

3:ZODIACは彼らがやりたかった曲。その気持ちはよく分かなぁ。十二宮という彼らは、1年以下になる関係は最初から持たないのだろう。そんなスタンスは好きだった。
8:It's Hard When You Love Someoneはホント名曲。自分自身に対して言う曲は多いけど、相手のこの状態を汲み取ってるのは本曲だけじゃないかな。こんな手触りだからこそのShaiなんだよね。こんな視線だったから、ずっとずっと好きだったんだよね・・・ Lovesセレクト集の最後、MaryJ.の後にさえ持って来れる。それ位のレベルです。

11:If I Spend The Nightを聴くたびに、これが最後のアルバムになることを分かってたんだろうなぁ・・・って思う。今、彼らは何をしているのだろう??92年、Remix集も出すくらいに一時代を築いたのに・・・ タイトルはこれだけど、声の表情は「最後の夜」だから。女性が同じ声の表情で重ねるのもたまらない。


このアルバムは男だろうと女だろうと誰にも貸したことない。気に入らないだろうなぁって思うし、「合わなかった」という返事を聞きたくないのもあるから。けどShaiを追っかけてた人だけには、本気で薦めます。緑色の2曲だけは絶対に聴いて欲しい。「ああ、だからこそ、SHAIにあんだけハマったんだなぁ」って痛感すると思います。


[2004/04/18]

特に、僕も本当に、SHAIが大好きで、1枚目、リミックス集、今でも愛聴してますよ。
それから「If I ever・・・」に怖さを感じたというのも全く同じで 小学生か、中学生の時にあの曲がちょうどヒットしていて 子供心に、「見てはいけないもの」を見たような感じになってました。あの曲のすばらしさを本当に理解したのは、大人になってからでしたが・・
そしてSHAIがその後たどった、悲しく切ないキャリアも・・・・・
僕は二枚目も三枚目も好きです、贔屓目にみてるかもしれないけど、商業的にうまく行かなかったし、1枚目の頃のような輝きもなくなったけど、
それでも安易なプロデューサー頼みの作品じゃなくて、あくまで自作自演とコンセプトにこだわった唯一のグループとして彼らを評価しています


pianist mussoliniさんからメールを頂きました。怖さを感じたっていうのが同じなのがホントに嬉しいです。オレッちよりもちょっと若いぐらいの歳なのかな。今でもアメリカではSHAIのファンサイトとかを見る事がある。やっぱり、それだけのグループだったのだろう。彼らには幼いナイーブな少年が全部持ってかれる位の何かがあった。


[Home]